世界の犬猫の対処法

世界の犬猫の対処法

野良猫や野良犬は町中の環境美化を阻害するだけではなく、様々な病原体を持ちそれを人に感染させる可能性の高い生き物の為、日本だけでなく世界にも野良猫や野良犬を対処する施設があります。対処と言っても世界の国によってその様相は変わってきます。

 

日本の様に動物を収容しては毒ガスを用いて殺処分してしまうケースは世界的に見ても非情な事だと言われています。例えばドイツでは犬猫を殺処分する施設が無く、犬猫を保護する施設が存在します。言うなれば犬猫の集合住宅の様な場所で動物は一旦この施設に預けられて飼育されます。

 

また、飼育したいと望む人が居ればその人に好きな動物を選ばせて引き取って貰うと言うシステムです。ここでは日本の様に殺処分を行う事はしていません。引き取り手が見つからないままの動物が居ても施設のスタッフが責任もって寿命を迎えるまで飼育をします。

 

また、イギリスには日本に似た動物の処分施設が存在しますが出来るだけ楽に死ねるように配慮がなされています。しかしそうやって殺されてしまう動物はほんの少しで収容された動物のほとんどは新しい飼い主に引き取られて行く為、殺処分は免れています。

 

これらの国では政府がそれを支持しているだけではなく、全ての国民が動物を愛護する事を「当たり前」として考えており、それにしっかりと税金として出資している為に出来る事です。日本がこうなる為にはやはり私たちひとりひとりの気持ちが大切になるのです。