集合住宅に多い猫のトラブル

集合住宅に多い猫のトラブル

最近は猫を飼育する事が容易になってきました。また、世界の色々な種類でもペットショップには並ぶようになり、そのお手軽さから自分の好きな種類を飼育する人が増えているようです。そんな中で今問題になっているのが、猫を巡る様々なトラブルです。

 

犬と違って静かで大人しく泣き声もそんなに気にならない猫はペットOK、もしくは要相談のアパート、マンションならば飼育の許可は出るはずです。しかし、それに甘んじて飼育を始めると予想外のトラブルが発生したりします。

 

集合住宅に多いトラブルでは、二階以上の階に住んでいる為油断して猫をベランダで遊ばせていると隣家に侵入してしまいそこで猫がいたずらをしてしまいトラブルとなった物が挙げられます。この様なトラブルは裁判にも発展する場合もあるので、少しでも猫が侵入出来そうな隙間がある場合はベランダに出さない様にするのが得策だと言えます。

 

また、他には猫が住宅の壁紙を駄目にしたり、柱に爪とぎを行ったりと猫の特性とも言える行動でトラブルが発生することは特殊なことではありません。どんなに性格が大人しい猫でも本能と呼ばれる物がある限り行われる可能性はありますので、対策を施しておきましょう。

 

猫は人間の都合など知る由もありませんし、言って理解できる生き物でもありません。ですから無理にしつけるのではなく、人間が猫に合わせた生活をしなければなりません。それが出来ないと言うならば猫の飼育を諦めてください。