保健所に収容された猫

保健所に収容された猫

現在保健所にはどれだけの数の野良犬や野良猫が収容されて殺処分となっているかをご存知でしょうか?年によって多少の変動はあるものの、全国平均的には一年に犬が約8万匹、それに対して猫は約20万匹と毎年犬よりもかなり多い数になっています。

 

実は保健所は野良猫の捕獲を積極的に行っておらず、猫は犬とは違って噛みつきもしませんし、人間からは逃げようとする動物です。その為、なかなか保健所では確保しにくく近隣住民からの通報でないと捕獲はされていません。

 

保健所に収容される猫のほとんどは家庭で飼育している猫が出産した子猫を飼い主が保健所へと持ち込むというケースが主になっています。保健所に収容された猫たちはガスで強制的に死を選ばされてしまい、安楽死とは名ばかりで大変苦しんで死んで逝きます。

 

動物愛護団体や、愛猫家の人々はみな口々に保健所の責任を問いますが、保健所は仕事として行っている訳ですので、責任は結局飼い主に問われます。飼い主の一人一人が去勢や避妊をしっかりと行う事によって野良猫の数も減りますし、地域によっては犬猫の去勢避妊手術の費用も負担してくれるという制度もありますので、猫を飼育していてまだ手術が済んでいない場合は一度調べてみてみましょう。

 

一匹でも多くの猫を救う為にはまずは一人の飼い主から気を付けることが大切です。